ネット通販でトラブルに巻き込まれないために・ネット通販の危険性

インターネットを使った通販はすごく便利です。布団の中や通勤中でも手軽に注文できてすぐ届く。ネット通販が便利すぎて店頭で商品を購入することが少なくなってきましたが、ネット通販ばかりしていると思わぬトラブルが発生することがあります。Amazonのようなインターネット通販サイトは注文も返品もトラブルがあったときの対応もしっかりしていますが、最安値の商品を探していくと中にはサービスがあまり良くないネット通販サイトも存在します。

格安サイトにAmazonのようなサービスを期待しない


Amazonさんのサポートは世界でも最高クラスのお客様サポートです。ネット通販がすべてAmazonと同じようなサポートだと思わないでください。
私の経験上、Amazonでは、製品に不良があった場合、Amazonに不具合の申請すると、返金にするか、交換にするかしか聞かれたことがありません。AmazonマーケットプレイスですらAmazonと同様のサービスで商品を購入することができます。インターネットやネット通販に不安があるならAmazonから始めることをお勧めします。


Yahooショッピングや楽天はショッピングモールと一緒

Yahooショッピングや楽天は、個人商店の集まりです。Yahooショップや楽天で商品を購入すると、〇〇〇Yahoo店とか◇◇◇楽天店って書いてあります。これは、Yahooや楽天以外の企業がYahooや楽天のWebサイトを使って商品を売っているからです。Amazonマーケットプレイスもそれと同様の制度です。
Yahooショッピングや楽天、Amazonマーケットプレイスとは簡単に言うと、インターネット上でのショッピングモールのようなものです。
例えば、イオンに行くと、いろんな店舗が並んでいます。その中にはイオンの直営店とショッピングモール内に出店しているイオン以外が運営している店舗があります。イオンの中に出店している店舗はイオンの直営店でもイオン系列の企業ではない店舗も、共通のポイントカードか使えたり、共通のサービスカウンターがあったりします。

Yahooショッピングや楽天、Amazonマーケットプレイスのメリットは、どんな小さな店舗で商品を買っても、Yahooや楽天、Amazonと同様のしっかりとしたサービスが受けられます。私も、以前ノートパソコンのファンが壊れてしまった時、マーケットプレイスから、台湾メーカーのファンを型番を指定して注文しました。届いたものは中国メーカーのファンで頼んだ製品と違う型番のものが届きました。届いた製品が違いますとマーケットプレイスで出品していた企業に連絡しましたが「互換品なので問題なく使えます」と回答がきました。ただ、互換品ではなく台湾製の頼んだ型番の製品が欲しかったと返信したところ着払いでの返送ですぐに返金の対応してくれました。マーケットプレイスに出品していた企業さんは、「使えれば問題ない」と考えるいいかげんな企業でしたが、しっかりとAmazonさんが管理(無言の圧力をかけている?)しているので安心して取引ができます。

よくあるトラブル


インターネット通販でよくあるトラブルを紹介していきましょう。

商品が届かない

通販で買った商品がお届け予定日になっても届かないことが稀にあります。海外から発送している製品は到着までに数カ月かかったり、運送屋さんが配達先を間違ったり遅れる原因は様々ですが、配達予定日になっても商品が届かなければ必ず通販サイト側に連絡を取るようにしましょう。

届いた商品に不具合がある

届いた商品が壊れていたり、配送中に壊れてしまったり、本来入っているものが不足していたり、注文したものと違うものが届いたりする場合があります。このようなことも発生するので商品が届いたらできるだけ早めに梱包物の確認をし、正常に使用できることを確認しましょう。

商品が届いてすぐに壊れた

商品が届いて1ヵ月もしないで壊れるなんてことは、中国製の製品などには良くあります。商品が届いた後しばらくすると通販サイト側が初期不良ではないという理由で返品交換をしてくれないケースもあります。そんな時は製品を作ったメーカーに修理してもらうことになりますが、メーカーが海外だったりすると連絡に手間や時間がかかったりします。それにいつ商品を購入したか証明するために、商品が送られてきたときの納品書が必要だったリします。保証書がついている商品を購入した際は必ず納品書を取っておくようにしましょう。

他のサイトでもっと安く売ってた

これは良くあることですが、あるサイトで商品を購入した後、買った直後に値下げされたり、インターネットを見ていたら自分が買ったよりも安く他のサイトに金額が掲載されていたりすることがあります。とても残念なケースですが、仕方ないとあきらめるか、一度キャンセルしてから買いなおして無駄な時間を使うことになってしまいます。

通販サイトから個人情報が漏洩する

通販サイトにクレジットカード情報を登録しておくと、次に何か購入するとき非常に便利です。ただ、そのクレジットカード情報が漏洩すると、あなたのカード情報を悪用して、何かを購入したり、キャッシングをされてしまったりする恐れがあります。大手企業の通販サイトでも簡単に情報漏洩させてしまうようなWebショップサイトが散見されます。大手だから、上場企業だから大丈夫という考えは捨てましょう。

販促メールが大量に届く

Yahooショッピングや楽天のサイトから商品を購入すると、販促メールの受け取りをする・しないのチェックがあります。この販促メールの受け取りを許可してしまうと定期的に販促メールが商品を購入した複数のサイトから販促メールが届くことになります。

保証や返品の規定


安価な価格で、商品を販売しているサイトは保証や返品の規定が他よりも厳しかったりするのでしっかり規定を読んでから購入するようにしないと、万が一、購入した商品に初期不良があった場合など返品や交換などに手間がかかる場合があるのでご注意下さい。それではよくある規定を見ていきましょう。

返品

一度お買い上げいただいた商品は、お客様都合による返品、交換には応じかねます。
一度注文したら、間違えてボタンを押してしまったとしてもキャンセルできない?

初期不良

商品にキズや破損等の初期不良がある場合は、商品の到着日から1週間以内にご連絡下さい。
到着後、1週間以内でないと、初期処理不良の受付はしない?

初期不良の返品

商品に初期不良がある場合のみ商品の交換又は返品をお受けできる場合がございます。
逆に商品に不良がある場合以外は返品できないってことですか?

初期不良の定義

商品の不具合をメーカーが認定した場合に限り、返品に応じます。
メーカーが不具合と認めないと、初期不良すら認めない?

保証書の保管

商品に同梱する納品書を、お買上げ日及び販売店の証明としてご利用ください。
箱に入っている納品書を取っておかなければならない?

まとめ


ネット通販は便利ですが、何か問題があった場合、販売者の責任範囲が不明確で、販売店とメーカーと運送会社にたらいまわしにされたりするケースがあります。インターネットや商売に慣れているといってもそんなトラブル対応で貴重な時間を使われてしまうのはもったいなくないですか。ちょっと安いからといって聞いたこともない通販サイトで商品を購入するよりもYahoo、楽天、Amazonなどの大手サイトを使うのが万が一トラブルがあったとき無駄な時間を使わない方法だと思います。それでは、楽しいネットライフを・・・。

関連記事

会社に尽くさない働き方を考える

【人柱レビュー】2,000円以下のLED激安プロジェクタを買ったら衝撃的性能に驚...

レジ設計者が教える「一万円入ります」の本当の意味

コーヒーをやめたらいろいろな健康問題が解決した

高齢な社員とのうまい付き合い方

世界が変わるー「いいね」から「ありがとう」へのシフト